なぜ稼ぐのか? 何かをなすより何もしないためのベーシックインカム案

世間の人たちを見回してみると、みんな生活の糧を得るために日々の仕事に追われている人ばかりである。

特に結婚して家庭を持った男性は、自分が使うお金よりも家族の生活費や子供の教育費、家のローンなどの出費が大きくなり、家族のために稼いでいるといえる。

そういう生き方を否定するつもりは全くないが、僕自身はあまり気がすすまない。

なぜかって…お金を稼ぐのって、めんどくさいのである^p^

仕事が好きでかつ高収入だったり、すでに十分な資産があれば別かもしれない。

でもほとんどの人にとって、仕事というのはやりたいから、好きだからやるというよりは儲けるためにやるものである。

ネットビジネス界には、僕の収入くらい片手間で軽々と稼いでしまう器用な人もいると思う。

でも、僕は元々ビジネス向きの人間ではない。

ネットで商売を始めた最初の頃は、自分の手でお金を得ることがすごく新鮮で楽しかった。

でもある程度その新鮮さが薄れてくると、もっと楽をしたい、できれば何もしなくても生活できればいいな…と思うようになった。

それを実現するには、家族がいるよりも独身の方がはるかに簡単なのである(嫁が金持ちだったらその限りではない^q^)

スポンサーリンク

会社員の場合は、基本的に労働時間を自分で決めることはできないけど、自営業の場合はどのくらい働くかは自分次第だ。

それでも「自分は月々これくらい必要だから」とか「○○万円貯めたい」というふうに、ただ自分の必要性に応じて稼ぐだけではなくて見栄やプライドもかなり関係していると思う。

僕自身も、特にお金を使うあてがなくても一定の収入を維持することで自尊心を満たしているような面はあったと思う。

それは、この社会では収入の額によって人が格付けされているからだ。

でも、家族を養っている人だったらたくさん稼ぐ理由があるけど、独身の場合、大して使いもしないのに何のために稼いでいるのか? とだんだん疑問がわいてくる^p^

(もちろん、想定外の出費に備えてお金はたくさんあるに越したことはないのだが)

 

そこで、自然な流れで「稼いだお金に働いてもらう」という資産運用の道に至る。

実際に僕も資産の半分以上は証券口座や投資信託に入れて運用している。

しかし!…低リスクで運用するには、年間の利回りは良くても7~10%程度。

一ヶ月10万円あれば生活できるとして、年間120万円稼ぐには最低でも1200万円の運用資金が必要になる。

最初はそれを目指していたのだが、投資詐欺の件で200万円以上失ったこともあり、それまでやっていた転売ビジネスへのモチベーションが色々な理由で落ちて、ただ黙々と貯金し続けるのがバカバカしくなってしまった。

この一年間くらいは、最低限の生活費くらいしか稼いでいない。

 

じゃあ、自分がやりたいことはなんなのか…と初心に返って考えてみると、特に仕事としてやりたいことというのはない。

好きなことはあるけど、それを収益化したり、生活をかけてやらなきゃいけないとなると話は別である。

そしてよくよく考えてみると、ある程度のお金があれば、それ以上を稼ぐことにもあまり興味はない。

もちろんお金は多ければ多いほどいいけど、すぐには必要ないお金を得るために時間と労力を費やし「続ける」気はしない。

 

ある時に気付いたのだが、僕にやりたいことがあるとすれば、それは自分のベーシックインカム(不労所得)を作ることなのだ。

大金を稼ぐことにこだわる必要はない(稼げた方がいいけど)。まずは月10万円でいい。

稼ぎの額よりも、とにかく何もしなくても最低限の生活費が得られるようになりたい。

そのための手段は、合法であれば何でもかまわない。

何がやりたいかという以前に、何かをしなきゃお金が減る(=存在がおびやかされる)という状態が許容できないのだ。

今考えている具体的な方法は、

・低リスク投資(年利7~10%)

・サイトの広告収入(このブログもその一つ)

でも、まずは裁判に勝って200万取り戻さないと^q^

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。