ネガティブな場所は関わるだけでとばっちりを受ける

先日、用事があってとある事務所に行った。

物騒な話をするためではなく、事務手続きのために。

約1年半ぶりに行ったのだが、その場所には強烈なネガティブ性がうずまいているように感じられた。

大金を騙し取られた人々の怒り、憎しみ、悔しさ…といったものを感じた。

スポンサーリンク

僕も大金を失ったとはいえ、幸いまだお金に困ってはいない。

でも、中には資産のほとんどを失って自さつを考えるほどの人もいるらしい。

そういうことも想像できるくらいの、人々のネガティブな想念を感じた。

前回ここに来た時には、我先に儲けてやる!と押しかける人々の欲がごった返してる感じはあったが、ここまでネガティブなエネルギーはなかったはずである。

会長にも会ったが、予想通り人に多大な迷惑をかけているという認識はほとんどなさそうだった。

返す金がないという割には、事務所の正面には鏡張りの壁に会社のロゴが描かれていて(前回来た時にはなかったと思う)無駄な所には金を使ってそうである^p^

 

さて、スピリチュアル系のブログでは、よく「カルマの解放」や「引き寄せ」の結果としてネガティブな経験をしたということが書かれている。

根が疑り深い僕は「そんなもんほとんどがこじつけだろ^q^」と思っていた。

でも、悪徳事務所に行った次の日にちょっと不思議なことがあった。

その日も用事があって駅前を歩いていたのだが、ヨロヨロと自転車をこいでいた爺さんに後ろからぶつけられそうになり、「キキーッ!!」という大きなブレーキの音に思わず振り向いた。

それだけならどうってことないが、その直後に…駅に続く歩道橋の階段をのぼりきった時、横の階段からいきなり

「おい、ボケェ。ボケ、こらぁ」(ほぼ原文のまま)

と(多分僕に向かって)言いながら、派手な服装でサングラスをかけた細身のおじさんが近づいて来た。

距離が空いていたので、無視して足早に通り過ぎることができたし、駅がすぐ近くなのであまり恐怖は感じなかったけど。

でも、こんな経験は多分初めてだと思う。

小さなアクシデントとはいえ普段ないことが重なったことから、何かカルマ的な影響を感じる。

それは前日に悪徳事務所に行って、一時間半ほどそこにいたということしか思い当たることはない。

(もちろん、これもまたこじつけの可能性はあるけど^p^)

つまり強烈にネガティブな場所というのは、そこに行くだけで、本人に罪はなくても多かれ少なかれとばっちりを受けることがあるのかもしれない。

とはいえ、こんな所と関わりを持ったこと自体が自己責任ではあるのだけど^q^;

 

【追記】

その翌日、道を歩いている時に向こうから変な婆さんが来て、

「歩きスマホ!何やってんの!○○市ワーストワンだよ!」

と言ってからんで来た。その辺に落ちてそうな曲がった木の枝をそのまま杖についていた。

人通りのある所で歩きスマホをしたことはこれまでに何度もあるけど、やはりからまれたのはこれが初めてである。

(歩きながらのスマホが悪いという意識がないから「歩きスマホ」という表現に違和感を覚える^p^)

すれ違う時に「あっかんべー!」をしてやった^q^

あっかんべーなんてするのは多分二十年ぶりくらいだと思う。だって美容に悪そうなんだもん^p^

大きなトラブルにはなってないけど、この短期間で立て続けに変な人物にからまれるのは明らかに何かあると思う。

そして、新たなことに気付いた。

悪徳事務所に来ていった服を着ると、何かイヤ~な感じがするのだ。(滅多に服を変えない^q^)

やむを得ず波動が悪い場所に行った時は、来ていった服(特に上着)は洗濯した方がいいと思う。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。