賃貸の火災保険が高いので自分で選んだ保険に乗り換えてみた

もう少しでアパートの契約更新なのだが、更新費用として家賃1か月分の他に火災保険料がかかる。

これは万が一火事などで部屋を弁償しなければならなくなった時のための保険なので、やむを得ない費用だと思っていた。

だが、どうやら不動産屋が当然のように加入させる保険は必要以上に高いということを知った。

割高な保険に加入させて、手数料を取って儲けているいるらしい。

これとは別件だが、アパートを契約した時に「入居者安心サポート」とかいう15000円くらいのオプションを「みなさんに加入していただいています(キリッ」とか言ってサラッと加入必須のような説明をされた。

あまり詳しく説明せず、その他の費用にうまく紛れ込ませるのが彼らの手口なのだろう。

守銭奴の僕もうっかりスルーしていた^q^

後日改めて確認したら、手の内を明かされたような顔で「どうしても加入したくないという方は、加入しなくても大丈夫です(小声)」

何だよ「どうしても」って? 

あんたが必要ないものを買わない理由って「ど~しても買いたくないから」なのかい?^p^

この件でほとほと呆れていたのだが、まさか火災保険でもマージン取ってたとはねぇ。

いや面倒であまり調べてなかっただけで、何となく分かってはいたのだが^q^

 

そもそも賃貸の火災保険って誰のためのもの?

加入が必須とされているくらいだから、万が一火事などを起こしてしまった時に家主や隣人に弁償するための保険だと思ってしまう。

でも、火災保険の補償内容にはいくつかの項目があって、その中の「家財保険」は自分の私物のための保険である。

火事や盗難などで自分の家財を失った場合に限度額まで補償してもらえる。(地震は対象外)

で、僕が今まで契約していた保険の「家財」の補償限度額はいくらかというと…

なんと400万円っ!^p^

普通、単身者の家財なんて400万円分もないだろ。タンス預金でもしてない限り^q^

なんでも、本当に必要な「賠償責任保険」だけでは保険料が安くて不動産屋の取り分が少ないから、不必要に高い家財保険とセットにしてあるらしい。

この辺の事情はこのサイトがすごく参考になった。

賃貸の火災保険:大家・不動産屋が勧める保険は相場より高い。自分で安いものを探すべき。

いやー、いかにも必須という雰囲気の火災保険にまでこんなギミックが仕込んであるとは恐れ入った^p^

「入居サポート」みたいな明らかに不要なオプションだって、不動産屋に言われるがまま加入しちゃう人が多いと思うし(しかも2年毎に更新^q^)

火災保険の中身を疑って、自分で選んだ保険を契約する賢い人はかなり稀じゃないかと思う。

 

おすすめの火災保険

じゃあ、代わりにどの火災保険を選べばいいのかというと、僕は上のサイトでも紹介されている日新火災の「お部屋を借りる時の保険」にする予定。

家財保険の保証額を100万円まで下げることができて、年間の保険料は4000円。

それでいて賠償責任保険も2000万円あるので、今まで加入していた保険の3000万円と比べてもほぼ遜色ない。

今までは年間8000円だったから、半額で済むことになる。

さて、問題はスムーズに解約できるかどうかだが…

 

不動産会社に電話したら案外あっさり解約できた

不動産会社に電話して「今の火災保険を解約して自分で選んだ保険を契約したい」と言ったら、特に渋られることもなく、面倒な手続きもなく意外なほどあっさり解約できた。

大家に確認をとったり、新たに保険に加入した証明を求められたりも一切しなかった。

これじゃ、このまま保険に入らずにいても誰からも文句を言われないのだが、いいのだろうか?^p^

まあ、さすがに無保険はまずいから入るけどさ。

とにかく、火災保険が高いな~と思ってる人ほど節約効果が抜群なので、絶対に乗り換えないと損だと思う。

ちなみに、火災保険を途中で解約した場合は残りの期間の保険料は日割りで返金されるらしい。

 

(追記)

新しく送られてきた契約書類に、自分で加入する保険の申込書のコピーを同封するように書かれていた。

そりゃーやっぱりそうだよね^q^

でも、こんなテンプレ文章が用意してあるってことは保険解約する人それなりにいるってことなのかな?

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。