聖者サイマーのダルシャンと祝福済み瞑想マット

2017年10月18日

ちょっと今さらだが、先週の土曜日に聖者サイマーのダルシャンを受けてきた。

ダルシャンというのは聖者に会って祝福を受けること。

サイマーという女性の聖者のことは最近まで知らなかったのだが、最近たまたまどこかのブログ記事で知った。

アンマのように定期的に来日していて、無料でダルシャンを受けられるという。

調べてみるとサティヤ・サイババの弟子で、僕が信奉する聖者たちの系統に近かったので、せっかくだからと先週のダルシャンに申し込んだ。

すると…翌朝の瞑想が明らかにパワーアップしているのだ。

最初は原因が分からなかったのだが、サイマーのダルシャンに申し込んだこと以外には思い当たることがない。

しかも、その状態が一週間近くも続いた。

これはちょっと異例のことである。普通、何かのきっかけで聖者のエネルギーを感じることがあっても1日かせいぜい2日でエネルギーは落ち着いてしまう。

まるで瞑想のマントラにパワーが吹き込まれたような感覚だった。

しかも、ダルシャンに申込みしただけで…。

その後も誘導瞑想の音声を聞いたり、サイマーの写真を見ただけでもエネルギーが来た。(なぜか最初の時ほど長くは留まらなかったが)

スポンサーリンク

ダルシャンの会場は、両国駅のホテルの3階のホール。

ふと気付けば、7月にインドから帰ってから電車に乗るのは初めてである。どんだけ出不精な生活してるんだか^p^

会場にはハーブの匂いが充満していた。5月にアンマのダルシャンに行った時には、正直会場の場のエネルギーがあまり良くないように感じたのだが、今回はわりと過ごしやすかった。

物販コーナーには神様の像やブレスレット、サイマーの本など色々なものが売られていた。

当日買ったものは、ダルシャンの時にサイマーに祝福してもらうことができる。

中でも興味をひかれたのが、瞑想の時に敷くマット。

値段は16000円で、他のアイテムと比べて高価なのだが、サイマーのエネルギーで瞑想が深まる経験をしていたし、瞑想をサポートするアイテムが欲しいと思っていたので、聖者に祝福してもらえるならと衝動買いした。

というのは嘘で、事前にサイマーのサイトを見てこの瞑想マットの存在を知って、会場に売ってたら買おうと思ってたんだけどね^q^

聖者とのダルシャンはあっという間だった。

サイマーは孔雀の羽を僕にかざして、僕の目を見つめながら「あ~~」とうなった。

聖者だけに色々と見透かされたと思う^p^;

隣に通訳の人がいて、サイマーの言葉を伝えてくれる。

「これ(瞑想マット)はあなたの瞑想のためですか?」

「Yes」

「あなた以外の人が座ってはいけませんよ」

「Yes!」

「たくさんの祝福を」

「Thank you!」

その後、席に座ってしばらく瞑想した。瞑想に入る瞬間、ハートに衝撃がありゾクゾクッと身ぶるいした。

けたたましい音量のバジャン(歌)のせいか、あまり深くは入れなかったけど^q^

でも会場を出た時に、自分のエネルギーが大きく変化しているのを実感できた。

間違いなく本物の聖者なので、興味がある人は一度行ってみたらいいと思う。

ちなみに次回のダルシャンの日程は来年(2018)の4月21日らしい。

来年また行こうかしら^p^

 

そして、翌朝からさっそく瞑想マットを敷いて瞑想してみた。

こんな感じの羊毛のマット。

いつも座っている椅子にセットする。

最初はサイマーの祝福を受けた直後だったせいかエネルギーが強すぎるように感じたけど、すぐになじんできた。

瞑想に入って最初の15~20分くらいはあまり分からないのだが、ふと気付くと深い意識状態になっている…ということが増えた。

今後の瞑想をサポートしてもらえそうである。

 

スポンサーリンク