TOTO 携帯ウォシュレット YEW350 賃貸の人におすすめ!

2017年7月13日

【注意】今回の記事には、きたない内容が含まれています。食事中の閲覧にはご注意ください^p^

 

世間には、💩をした後にはウォッシュレットで洗わなければ気が済まないという人がいる。

僕も実家(持ち家)に住んでいた時にはウォシュレットがあったので使っていたけど、賃貸に引っ越してからは、なにぶん安アパートなので風呂とトイレが一体になっていて、ウォシュレットなんていう気の利いたものはない。

でも、個人的にはウォッシュレットがなくても特に不快感や物足りなさを感じることはない。あった方が便利だけど…という程度。

…が! ただし! それはお腹の調子が良くて、💩の切れが良い場合に限り、である。(便利な絵文字だこと^q^)

スポンサーリンク

お腹が健康な人には分からないかもしれないけど、腸の調子が良くない時、ベタ~ッとした便が出ることがよくある。

そういう時はペーパーでふいてもなかなかきれいにならず、大量のペーパーを消費してしまう。

ひどい時はペーパーだけでは無理で、隣にあるシャワーで洗い流すこともある。

そういう時に、ウォッシュレットが欲しいな~と感じる。

逆にお腹の調子が良い時には便の切れも良く、ペーパーですぐにきれいなるので特にウォシュレットの必要性は感じない。

 

取り付け型ウォシュレットか、携帯ウォッシュレットか?

風呂トイレ一体のユニットバスでも使えて、できればコストがあまりかからないウォッシュレットはないかな…と探して、最初に候補に上がったのはこちらの商品。

トイレタンクの横の水道管をカスタマイズして、チューブから水を取り入れて使うウォッシュレット。

水圧を利用しているので、電源なしで使える。

これを買おうかと思ったけど、ちょっと調べてみると…取り付けが結構めんどくさそうなのだ^p^

便座を外したり、水道管を外して付け替えたりする必要があるのだが、その時に工具が必要になる。

工具なら百均で安く買えるだろうけど、取り付けが面倒なことに変わりはない。

僕の場合、棚でも機械類でもそうだけど、組み立てとか最初のセッティングに手間がかかるものは買ってもなかなか手を付ける気になれず、箱も開けずに何ヶ月も放置してしまうことが多い。

それに、amazonのレビューで「取り付けにすごく苦労した」「取り付けできなかった」という意見もあるのが気になった。

他にも、

・うまく取り付けできたとしても、水道管をいじるから水漏れなどのトラブルが起こる可能性がある。

・多少場所を取る。

・いつかアパートを退去することになった時、取り外すのが面倒。

・引越し先のトイレにウォッシュレットが付いていた場合、持って行っても無駄になってしまう。

という問題がある。

 

次に候補に上がったのがこの携帯ウォッシュレット。

これは水を入れて電池で動作するので、面倒な取り付け作業は一切必要ない。

デメリットとしては水を頻繁に入れる必要があることと、電池が必要なこと。あとは価格が2000円ほど高い。

でも、すぐ横に水道があるので水の補給は簡単だし、電池はヤフオクで商品を仕入れた時におまけで入ってたやつがゴロゴロ余っているし、エネループまである。

値段の差に関しては、取り付けの手間や水道をいじるリスクを考えれば許容範囲内。

しかも、携帯ウォッシュレットなので当然旅行などに持っていくことができるので、もし引っ越し先にウォッシュレットがあったとしても完全に無駄になることはない。ほとんど場所も取らないし。

というわけで、この携帯ウォッシュレットに決めた。

ところで、正式名はウォッシュレットじゃなくてウォシュレットなんだね。ネットで調べていて初めて知った^p^

 

【使ってみた感想】

これは良い。シンプルにして必要十分。

水の勢いが弱いというレビューもあるけど、洗い流すという目的には十分足りる。

デメリットはやっぱり、一回使うとほぼ水がなくなるから、毎回水を入れるのが面倒なくらいだろうか。

ストラップが付いているので、タオルをかける所にS字フックで吊るした。

7月のインド旅行にも持っていく予定^q^

スポンサーリンク